全ページプログラム検査(AMCC)事例

AMCCによる全ページプログラム検査事例です。

AMCCによる全ページプログラム検査事例のご紹介に先立ち、府省庁のWebサイトの検査結果を用いて、AMCCの機能をご紹介します。

府省庁事例

AMCCで府省庁のホームページを検査してAMCCの比較機能が表示するグラフです。「非常に良い」「良い」「悪い」「非常に悪い」ページはmiCheckerが評価した結果です。

比較するため、トップページからリンクを辿り、取得するページ上限を3000ページにして検査しています。詳しい情報はやさしいWeb研究会の「情報バリアフリーの現状」をご参照ください。

やさしいWeb研究会サイト

現状把握

グループ企業、コンテンツ管理部署などの単位で、アクセシビリティ対応状況の現状を確認できます。

問題確認

例えば、当社で行った主要鉄道各社の現状把握から評価の低いホームページをAMCCスコア一覧で確認すると、限られた数種類の問題が大部分を占めていることが分かります。

   ⇨ 

問題数が多くても改善するのは数種類です。ツールが指摘した問題の多くはツールで修復できます。