クラウド環境でウェブアクセシビリティ検査報告書を作成する【クラウドmiChecker】を公開

当社は、総務省が開発したアクセシビリティチェックツール【miChecker】を利用して、クラウド環境でアクセシビリティ検査報告書一式を作成できる【クラウドmiChecker】サイトを公開しました。
【クラウドmiChecker】は、検査対象URLを入力するだけで利用することができます。作成できる検査報告書一式は、日本工業規格JIS X 8341-3:2010に基づいた検査報告書、実装チェックリストそして達成基準チェックリストの3種類です。
【クラウドmiChecker】には、URLを入力するだけのゲスト利用版、無料登録して5URLの検査と1カ月間利用できる無料登録版があります。また、100URLの検査が1年間利用できる有料版もございます。有料版についての詳細はお問い合わせください。

[特徴]
・JIS X 8341-3:2010 に対応した検査報告書の作成機能
・JIS X 8341-3:2010 に対応した実装チェックリストの作成機能
・JIS X 8341-3:2010 に対応した達成基準チェックリストの作成機能
・検査ページのクラウド上での保管管理ができる機能
・miChecker検査出力に対する使いやすく理解しやすいヘルプメッセージの提供

当社は、日本適合性認定協会からJIS X 8341-3、ISO/IEC 40500を対象とする、JIS Q 17020(ISO/IEC 17020)検査機関として認定を受け、JIS適合性評価(ウェブアクセシビリティ認証)活動をしています。
これらのJIS適合性評価活動の過程においてホームページ管理者の皆様がウェブアクセシビリティの規格適合状況の判断や報告書の作成において苦慮されている現実に触れ、ウェブアクセシビリティ評価を正しく行い、容易に報告書の作成が行える環境が必要であると考え、【クラウドmiChecker】を開発しました。
正しい検査方法の理解と普及が進むことを願っております。

クラウドmiChekcer https://accessibility.jp/cloudmick/新しいウィンドウで開きます
お問合せ先 http://www.infocreate.co.jp/faq/inquiry新しいウィンドウで開きます