検査員育成パートナー

更に充実したLibra

NICT(独立行政法人 情報通信研究機構)の支援を受けて、当社とNPO JCIとの取組みを全国のNPO法人ほかに展開を始めています。

検査員育成プロジェクトの全国展開説明図

NICTの支援を受けてLibraに修正DBとナレッジDBを装備、検査員育成の全国展開の準備が整いました

テレワーカーの育成

初めに当社のオンラインスクールICC在宅就業(テレワーク)基本講座の教材を使って、オンラインスクールでの学び方を教えてください。ICCは入学と基本講座は全て無料です。

働いた経験の無い人には入学のお申込も難しいようです。集合研修などで一緒になって入学のお申込を手伝っていただきます。集合研修の前に入学のお申込に必要な情報を集めていただければ当社で集合研修前に登録手続きを行うこともできますのでお問い合わせフォームからご相談ください。

在宅就業(テレワーク)基本講座は学習時間を約20時間と想定しています。研修では1時間程度でオンライスクールの使い方に重点を置き、研修後に自宅で残りを受講するよう指導をお願いします。

  • 第1章 「在宅就業」という働き方を理解し、就業できる環境を整えます。
  • 第2章 自分の能力を生かせる分野を持ち、その能力を高めます。
  • 第3章 就業して報酬をえるために、企業や団体に所属する上で必要な知識を学びます。
  • 第4章 所属した企業や団体のルールを守り、責任を持って業務を遂行する上で必要な事を学びます。

次にWebアクセシビリティ基本講座は学習時間を40時間と想定しています。そのため、集合研修では「Webアクセシビリティとは」の理解とオンラインスクールの使い方(特に分からなかった時の質問方法など)に重点を置き、研修後に自宅で何度でも講座を繰り返して学ぶように指導をお願いします。

Webアクセシビリティ基本講座は、ACPA(実務能力認定機構)に認定された講座です。

  • はじめに ウェブアクセシビリティ基本講座
  • 第1章 ウェブアクセシビリティとは
  • 第2章 ウェブアクセシビリティ世界標準(W3C)
  • 第3章 世界動向
  • 第4章 日本工業規格
  • 第5章 みんなの公共サイト運用モデル

集合研修の講師経験が無いようでしたらお問い合わせフォームからご相談ください。パートナーのJCI他から講師を派遣します。交通費等の実費は必要となります。

検査員育成

Webアクセシビリティ検査員のプロフェッショナルになるには専門講座を終了することが必要です。

専門講座は有料となっています。検査員育成パートナー及び障害者手帳を持つ方には支援プログラムを用意しておりますのでお問い合わせフォームからご相談ください。

就業支援

検査員となる目的は就業(収入を得ること)です。検査員育成パートナーの皆様には育成後も就業支援をお願いします。