研修サービス

オンライン研修(ICC)

場所と時間を選ばず勉強するオンラインスクールです。在宅で働くことができるようになる他、Webアクセシビリティ検査員の資格も取得できます。入学と基本講座は無料ですのでお試しください。

講座一覧

各講座の概要につきましては、講座名をクリックしてください。

基本講座

ウェブアクセシビリティ基本講座

ウェブアクセシビリティに関する基本的な知識を学習します。
実務能力を身につける専門講座である、ウェブアクセシビリティコンサルタント、ウェブアクセシビリティ品質検査技術者、ウェブアクセシビリティ実装技術者の育成講座受講に必要な講座です。世界のウェブ技術の標準化推進団体W3C(World Wide Web Consortium)、日本のウェブ技術の普及・促進団体であるウェブアクセシビリティ基盤委員会WAIC等の公開情報を参考にしています。

在宅就業(テレワーク)基本講座

ITを活用して在宅で働く「在宅就業」に必要な知識を学ぶ基本講座です。
在宅就業を実現する条件、働き方、心構えを学び、ウェブアクセシビリティの専門家となる事を例として学んでいきます。また、専門分野を持つ事が在宅就業にとって重要であることを学ぶと共に企業・団体に所属して在宅就業を実践するための基本知識を習得し、責任ある業務遂行ができる在宅就業者となるノウハウを学びます。

専門講座

ウェブアクセシビリティ品質管理技術者講座

ウェブアクセシビリティの日本工業規格である「JIS X8341:3-2010」に定める要件、箇条8.試験方法に基づき、適合試験を行い検査証を発行できる「ウェブアクセシビリティ品質管理技術者」となる講座です。
適合試験要件、試験手順を学び、実際にウェブコンテンツ実装チェックリストと判定ツールを使用してウェブコンテンツ達成基準項目の試験と判定をする技術を習得する講座です。
また、品質管理者としての検査証作成と報告する実務能力を身につけます。

ウェブアクセシビリティ検査技術者検定講座

ウェブアクセシビリティ検査員の資格を得る検定試験講座です。技術レベルで3段階になっています。

  • レベル1検査員
    • HTML/CSS/JS等の高度な技術を必要としない、一般的なWeb利用技術を持つ人です。検定資格が持つ検査範囲は、等級AAの38達成基準項目の内限られた達成基準項目の検査判定が行えます。
  • レベル2検査員
    • HTML/CSS等のWebコンテンツ制作経験が必要です。検定資格が持つ検査範囲は、等級AAの38達成基準項目の内限られた達成基準項目の検査判定が行えます。
  • レベル3検査員
    • HTML/CSS/JS/PHP等のWebコンテンツ及びWebアプリケーションを制作/開発経験が必要です。検定資格範囲は、JIS:2010の全ての要件に関して検査が行える資格です。

集合研修

Web管理者向け研修

Webサイト管理者向けのWebアクセシビリティに関する集合研修です。一定人数の申込が必要となります。場所は当社の本社、または依頼者指定の場所で開催可能です。

研修内容は、レベル1検査員の検定試験内容を中心にWebコンテンツ管理について行います。

Web制作者向け研修

Web制作者向けのWebアクセシビリティに関する集合研修です。やさしいWeb研究会の活動の一環として開催します。場所は当社の本社で開催します。

Webアクセシビリティ検査員向け研修

オンライン研修が難しい人向けの入門研修です。主にNPOが行っている検査員研修です。場所は講師派遣をするNPO指定場所、または依頼者の指定の場所で開催可能です。