Webアクセシビリティ検査

プログラム検査と目視検査で
Webアクセシビリティを高める仕組み。

Webアクセシビリティ対応のために検査が必要なのは、なぜでしょうか。「自社のWebサイトがWebアクセシビリティ標準規格に適合しているのかどうか、誰にとっても使いやすいものになっているかどうか、わからない」、「念のために検査を試してみたいが、管理するWebサイトのページ数が多い上に、ブラウザやデバイスも世の中には数多く存在するので、膨大な作業量になりそうだ」といったご懸念の声を耳にします。

Webアクセシビリティ対応の専門家なら、自社で検査するよりも、確実に、効率的に、そして高いコストパフォーマンスで検査を行うことができます。さらに、Webアクセシビリティ検査機関(適合性評価機関)として認められているインフォ・クリエイツなら、検査のトレーサビリティを確保し、検査結果を保証することも責任を持って行います。

Webサイトを全ページ自動巡回してアクセシビリティを検査する「AMCC」と、そうしたプログラム検査の後、さまざまな利用者の立場で実際に目視や操作によって行う検査「Libra(リブラ)」を用意しています。それぞれの検査結果に基づき、指摘箇所の修正や再検査を経て、Webアクセシビリティ標準規格に適合する場合、「適合証明書」を発行します。

 

ウェブアクセシビリティ検査のフローチャート

Webアクセシビリティ検査のフローチャート
一般的な方法 弊社の検査方法
まずAMCCによるプログラム検査を行うことによって、全ページの評価および管理をすることができます。

全ページプログラム検査(AMCC)

次にリブラによる目視検査を行うことによって、適合レベルA、AAの検証ができます。

目視検査(適合性評価)

検査員による目視検査で指摘された問題をお客様が修正し、再検査を行って適合が確認されれば、適合証明書が発行されます。その他、検査証明書、達成基準チェックリスト、実装チェックリストも発行され、それらの適合証明書一式は、ホームページ上のアクセシビリティ方針ページから参照することが可能です。

資料ダウンロード

「ウェブアクセシビリティ検査サービス」の資料がダウンロードできます。

ウェブアクセシビリティ検査サービス新しいウィンドウで開きます PDF(1.05MB)

ウェブアクセシビリティ検査のお申込み

ウェブアクセシビリティ検査のお申込みフォーム