Libraロゴ画像

検査サービス

サービスの申し込みは依頼フォームからお願いします。

当社の検査サービスは、検査資格を持つ専門の検査員が当社の「JIS:2010判定ツール(Libra)」を使用して、利用者の立場になって目視検査をします。サービスの詳細は、Webアクセシビリティ検査・適合性評価サービスサイトをご覧ください。

 検査サービスお客様事例

  • 防衛省      達成等級AA(ウェブページ一式単位)
  • 沖縄市      達成等級AA(ウェブページ単位)

検査証の公開はしていませんが、当社がお客様の試験結果を保証しています。

当社の目視検査システム体制

JIS:2010判定ツール(リブラ)

JIS:2010判定ツール(リブラ)

当社のクラウドサービスのLibraは、インターネット接続した環境であれば場所と時間を選ばず複数の検査員が同時に検査を行えます。

検査員は、オンラインスクール(ICC)の検定試験をパスした優秀な検査技術者です。

被検査ソースコードを記録保存し、検査結果のトレーサビリティを確保する他、検査状況は随時リアルタイムで確認できます。

検査結果報告書はLibraが自動出力して検査証DBに記録保存、検査対象Webページからのリンクにより利用者に提供して検査対象Webの負担を軽減します。

Libra検査画面(ページビュー)

リブラ検査ページビュー画面の説明図

リブラ検査ページビュー画面の説明図

Libraで大阪市のトップページを検査している、ページビュー検査画面です。

被検査コンテンツの場所を表示して検査漏れを防止

被検査コンテンツを検査結果と共に記録保存

 

記録保存した検査結果は報告書出力機能で必要な検査証の出力をします。

Libra検査証出力システム図

Libra検査証出力システム図

  • 判定結果詳細リストは、不適合箇所の修正に利用します。
  • 実装チェックリストの閲覧は基本認証で制限できます。
  • 達成基準チェックリストはWebページ単位に対象Webページからの閲覧ができます。
  • 検査証明書はアクセシビリティ方針ページなどで検査報告にご利用ください。

検査証明書サンプル

お客様事例

経済産業省様に当社の検査証DBが採用されました(2013年等級AA達成表明)。
トップページ下部にあるウェブアクセシビリティ方針をクリックし、そこに一覧されている試験結果の一つをクリックすると、検査証明書が表示されます。

経済産業省トップページ下部にあるウェブアクセシビリティ方針をクリックし、そこに一覧されている試験結果の一つをクリックすると、検査証明書が表示される。

経済産業省様の検査証採用事例