Webアクセシビリティとは

町を歩いていると、スーパーなどの階段横のスロープ、あるいは駅のプラットホームや歩道に敷かれた点字ブロックをよく目にします。多くの人にとっては何でもないものですが、これらがあることで車椅子の利用者は店舗へアクセスでき、目の不自由な人は白い杖を使って安全に通行することができるようになるのです。 一般的にこのような工夫を「バリアフリー」、英語圏では「アクセシビリティ」といいます。

アクセシビリティ(accessibility)とは、直訳すると「利用しやすさ」「アクセスしやすさ」です。「ウェブ(Web)アクセシビリティ」とは、こういった配慮をウェブサイトに対しても行うことです。

なぜWebアクセシビリティが求められているの?

近年のインターネットの発展は子どもから高齢者まで、「デジタル世代」の幅を広げています。またスマートフォンやタブレット端末など、多様なデバイスの普及により、インターネットを通した情報収集も多様化しています。 このような多様なネットワーク環境で、障がい者や高齢者も含めて誰もが容易に情報収集できるようにすることが、Webアクセシビリティの基本です。

障がい者や高齢者のための取り組みなの?

Webアクセシビリティの対象は障がい者や高齢者だけではありません。 すべての利用者に恩恵をもたらします。

インターネットを何の支障もなく当たり前のように利用できているユーザーにとっては、なぜWebアクセシビリティが必要なのか、分かりにくいかもしれません。 しかし、世界中のインターネットユーザーの中には、目が見えなかったり、音が聞こえにくかったり、身体を自由に動かせない人もいます。また、今は大丈夫でもこれから先、ケガや病気、加齢によって、インターネットが使いにくいものになるかもしれません。誰もが自由に情報を得られるようにするためには、Webアクセシビリティはとても大切な対応なのです。

Webアクセシビリティの規格にはホームページでのリンクテキストの分かりやすさ、色の識別のしやすさ、問い合わせフォームの使い勝手の良さなどが盛り込まれています。見やすさに配慮した色合い、読み上げソフトに対応したページの構成にすることで、利用者の幅が広がります。
Webアクセシビリティに対応したWebサイトは、「ある特定の人だけが見やすい」ものではなく、「誰にとっても見やすい」Webサイトです。すべてのユーザーが必要としている情報にアクセスできることによって、ユーザーの満足度を上げ、Webサイトの効果や評価を上げることが可能になります。Webアクセシビリティは「誰かのため」ではなく「みんなのため」の対応なのです。

企業のホームページでも対応が必要なの?

我が国は2012年、国連の障害者権利条約を批准した後、2013年に障害者基本法を改正して障害者差別解消法を制定し施行しています。

さらに、本年5月に改正障害者差別解消法が可決成立し法改正がなされました、これまで努力義務だった民間事業者も義務となり配慮が求められることとなります。公布日(本年6月4日)から起算して3年以内に施行されますので準備を進める必要があります。

Webアクセシビリティに対応するには何をすれば良いの?

よくあるWebアクセシビリティの問題例

Webアクセシビリティの対応を行う上でよく発生している問題例を整理いたしました。ご参考になれば幸いです。