Webアクセシビリティ試験(検査)

プログラム診断と目視検査(試験)で
Webアクセシビリティを高める仕組み。

(※ JIS規格では目視による検証を検査と言います。しかしながら、JIS X 8341-3:2016 規格書の中で試験という言葉が一部に用いられており、また、みんなの公共サイト運用ガイドラインにおいても試験という言葉が用いられているため、ここでは試験という言葉を適宜使用します。本サイトでは、検査と試験は同義とお考え下さい。)

Webアクセシビリティ対応のためにアクセシビリティ試験が必要なのはなぜでしょうか。Webアクセシビリティは様々な方にご利用いただけるようにしなければならないのですが、何十もの条件を達成しなければWebアクセシビリティに対応しているとは言えません。対応するためには達成しているかの試験という過程がとても重要となるのです。

しかしながら「自社のWebサイトがWebアクセシビリティ標準規格に適合しているのかどうか、誰にとっても使いやすいものになっているかどうか、わからない」、「念のために試験を試してみたいが、管理するWebサイトのページ数が多い上に、ブラウザやデバイスも世の中には数多く存在するので、膨大な作業量になりそうだ」といったご懸念の声を耳にします。

Webアクセシビリティ対応の専門家なら、自社で試験するよりも、確実に、効率的に、そして高いコストパフォーマンスで試験することができます。さらに、Webアクセシビリティ検査機関(適合性評価機関)として認められているインフォ・クリエイツなら、検査(試験)のトレーサビリティを確保し、検査(試験)結果を保証することも責任を持って行います。

Webサイトを全ページ自動巡回してアクセシビリティを診断する「AMCC」と、そうしたプログラム診断の後、さまざまな利用者の立場で実際に目視や操作によって行う検査(試験)「Libra(リブラ)」を用意しています。それぞれの結果に基づき、指摘箇所の修正そして再検査(再試験)を経て、Webアクセシビリティ標準規格に適合する場合、適合しているページに対しては「適合証明書」を発行します。

 

ウェブアクセシビリティ試験のフローチャート

Webアクセシビリティ試験のフローチャート
左:一般的な方法   右:弊社の方法 説明
全ページプログラム検査ステップ。左:一般的な方法、最初に検査対象ファイル取得、次にmiCheckerで検査、次に検査結果を解析、最後に検査報告書を作成。右:AMCC、最初にAMCCにジョブ登録、次に検査の解析結果を閲覧、次に検査結果を出力、最後に検査結果を閲覧。 AMCCはmiCheckerの検証エンジンを使用しています。検証機能は同等でありながら全ページの診断をすることができます。 

全ページプログラム診断(AMCC)

目視検査ステップ。左:最初に検査対象ページ選定、次に選定ページにアクセス・目視検査、次に検査結果を記録、次に不適合箇所を修正、次に再検査、最後に検査結果を作成。右:Libra、最初にLibra選定URL登録、次にLibraの検査箇所を目視検査、次に検査結果と修正を登録、次に不適合箇所を修正、次に不適合箇所を再検査、最後に検査証DBに記録保存。 Libraによる目視検査(試験)では、達成基準チェックリストに加え検査のエビデンスとなる実装チェックリストまでページ毎に作成し検査証明書を発行します。また、結果一式はお客様の手間をかけることなく公開することも可能です。 

目視検査(試験)(適合性評価)

適合性評価ステップ。右のみ。Libra、最初に判定員会、次にLibra・検査証DBを確認、次に適合性評価・記録、最後に適合証明書発行。 目視検査(試験)で指摘された問題が全て修正され、再検査により修正が確認されれば、適合したとして適合証明書が発行されます。

資料ダウンロード

「ウェブアクセシビリティ試験サービス」の資料がダウンロードできます。

ウェブアクセシビリティ検査(試験)サービス新しいウィンドウで開きます PDF(1.32MB)

ウェブアクセシビリティ検査のお申込み

ウェブアクセシビリティ検査(試験)のお申込み・お見積もりフォーム