アクセシビリティ方針

当社は、高齢者・障がい者を含む誰もが利用しやすいホームページとなるよう、ウェブアクセシビリティ確保・維持・向上に取り組んでいます。そして、当社の検査課が検査したウェブアクセシビリティ検査証を適時利用者に提供すると共に、利用者のご意見をいただき、継続的なウェブアクセシビリティ確保・維持・向上を目指します。

ウェブアクセシビリティ規格の尊重と適合

当社は、The World Wide Web Consortium(W3C)のWeb Accessibility Initiative (WAI)がガイドする、Web Contents Accessibility Guideline(WCAG2.0)、及び日本工業規格「JIS X 8341-3:2016」を尊重して適合することを目指します。

ウェブアクセシビリティの取組み

当社は2000年、WCAG1.0に対応したアクセシビリティ診断プログラムを開発、多数のウェブサイト検査を行ってきました。また、一般のウェブブラウザに不慣れな高齢者・初心者向けに、音声読上げ、文字/画面拡大、背景色変更、ふり仮名表示等の支援機能を持つアクセシビリティ閲覧支援ツール「やさしいブラウザ」を提供しています。

そして、2008年WCAG2.0の改定発表、2010年改定JIS X 8341-3:2010の公布を受け、目視/操作による試験業務を支援するJIS:2010判定ツールを開発し発表し、2016年の改定JIS X 8341-3:2016の公布を受けJIS:2010判定ツールを2016年版に対応させ不足している判定者の技量向上と育成を目指し、更なるウェブアクセシビリティ確保・維持・向上に取組んでいます。

対象範囲

  • http://www.infocreate.co.jp/*
  • https://www2.infocreate.co.jp/*
  • http://accessibility.jp/*

対象外

ページ上部のサイト内検索フォームならびに、http://www.infocreate.co.jp/search.htmlは、外部ASP利用のため対象外となります。

目標とする達成基準 AA

追加する達成基準

等級AAAの「達成基準2.4.8現在位置に関する達成基準」を追加します。

現在の対応状況

現在の対応状況は、JIS X 8341-3:2016 レベルAA適合となっています。

過去の対応状況は、JIS X 8341-3:2010検査証DB試験結果一覧を参照してください。

お問い合わせ

閲覧支援ツール『やさしいブラウザ・クラウド版』

当社では、公開しているページをより多くの方々に閲覧いただくことを実践するために、閲覧支援ツール『やさしいブラウザ・クラウド版』を提供しています。特に視力には個人差があり年齢でも変化することから、利用者がより自分に合った閲覧方法を設定でき、「音声読み上げ」、「文字拡大」、「背景色の変更」が可能な閲覧環境をホームページ上にて実現します。