技術研修

Webアクセシビリティに配慮した
Webサイトを作るための 実践的な知識を提供

Webアクセシビリティの基礎知識があるお客様向けの
実践的な対応テクニックを学ぶ研修です。
お客様のWebページ状況によって研修の内容をカスタマイズできます。

メリット

サービスの説明

Webアクセシビリティの対応テクニックを、日本産業規格(JIS X 8341-3:2016)達成基準ごとに学びます。環境やレベルに合わせた研修をカスタマイズ可能です。

Webアクセシビリティの基礎的な知識については、基礎研修で提供しております。

お問い合わせにあたっては次のことをお知らせください。

上記の内容に従って、スケジュールなどご相談させていただきます。

技術研修の一例

Webアクセシビリティ技術 – 編集者向け (社員・職員向け)

■時間: 60分〜90分

■内容: CMSを利用してページ作成している編集者に向けて、CMSの利用を想定した範囲でのWebアクセシビリティへの対応テクニックをご説明します。そのため、HTMLの文法に関する知識は必須ではなく、広く受講が可能です。

Webアクセシビリティ技術研修- Webサイト制作者向け

■時間: 60分〜120分

■内容: 日本産業規格(JIS X 8341-3:2016) の理解を目的とします。適合レベルAAまでの達成基準について、それがなぜ必要なのか、具体的にどうすれば良いのかをソースコードレベルで学んでいきます。

アクセシブルなPDFの作り方
■時間: 60分

■内容: Microsoft WordやPowerPointから、アクセシブルなPDFドキュメントを制作する際の注意事項、制作済みPDFをアクセシブルに修正する方法などについて

WCAG 2.1 のはじめ
■時間: 90分

■内容: WCAG 2.1 で追加された項目を中心に内容を説明します。

その他の研修

お客様のご要望に応じてコースを柔軟にアレンジすることも可能です。上記以外の内容についてはご相談ください。

FAQ

Q&Aの一覧

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら