事例

多くの企業や団体が検査と見直しを経験。 情報バリアフリーを達成しています。

すでにWebアクセシビリティを検査し、指摘箇所の修正を行った企業や団体が増えつつあります。Webサイトの更新に合わせ、つねに検査・見直しを繰り返すことで、確かなWebアクセシビリティを手に入れるという理想の姿を実現しているところもあります。 誰もが、どんなデバイスからでもインターネットの情報にアクセスできる「情報バリアフリー」に向けて、まずは検査を始めることをおすすめします。  

プログラム検査のAMCCによる全ページ検査の事例をご紹介します。  

検査ツール「Libra」を使った目視や操作による検査の事例をご紹介します。適合証明書および検査証もご確認いただけます。  

閲覧支援ツール「やさしいブラウザ・クラウド版」は地方公共団体や企業のWebサイトに導入いただいています。