企業がアクセシビリティ対応を行うメリット

残念ながらアクセシビリティ対応しているウェブサイトはまだ数が多いとは言えません。流行のデザインや色合いを取り入れたウェブサイトは、アクセシビリティ配慮がされたものであると必ずしも言えないのが現状です。例えば薄い色合いの文字は高齢者には見えにくく、背景が動くと集中して読めない方もいらっしゃいます。デザインの自由度がなくなると感じる中で企業はなぜアクセシビリティ対応をするべきなのでしょうか。

どの利用者にも使いやすいサイトになる

背景色とテキストのコントラストに関するアクセシビリティ要件は、デザインに制限を生じる可能性があります。しかし、このアクセシビリティ要件があるからこそウェブサイトを見ることができる方がいます。また閲覧をするデバイスや環境、操作方法もそれぞれ異なります。アクセシビリティ対応されたページは障害の有無・年齢・利用環境を問わずにアクセスできる情報を提供できますので、多くの利用者にとって使いやすいウェブサイトとなります。

SEO対策

アクセシビリティ対応を行うことは人だけでなく、マシンリーダブル(機械が読みやすくする)にもなります。プログラムでも内容を理解しやすいため検索サイトでの表示順位が上位に表示されやすくなる傾向があります。これは正しいソースコードで書かれていればどのブラウザでも問題なく表示できるなど、利用しやすいウェブサイトとして扱われるためです。

訴訟対策

2019年に海外で全盲のファンの方が女性歌手のウェブサイトがアクセシブルではないとして運営会社に対して訴訟を起こしました。こうした訴訟は以前からあり、全てのウェブサイトにおいても同じようなことは起こりえます。日本の企業でもグローバル展開している場合は注意が必要です。今回訴訟を起こしたファンの方にとっては、自分がアクセスできないウェブサイトによって好きなものから拒絶されたように感じたのかもしれません。これらの面からもどのような利用者にも見たり使ったりして好まれるウェブサイトにすることが大切なのです。

ESG対策

ESGとは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の略です。ESGは企業が成長する上で求められる社会的責任の指標の一部に用いられ、欧米ではESGが投資の目安にもなっています。昨今、ESGを意識した投資ではリターンが高く、リスクが小さいという研究結果もあり、企業価値向上につながってきています。ウェブアクセシビリティも社会的な面で価値を与えています。またCSR(社会的責任)からもアクセシビリティ対応は今後ますます重要なものになってきます。 日本でも大手航空会社がESGあるいはCSR施策の一つとしてアクセシビリティ対応の為に動き始めるなどその機運が高まっているのです。

インバウンド対策

日本のグローバル化は目覚ましいものがあります。日本企業のウェブサイトは今や海外からの就労者、旅行客も閲覧し、日本人だけが見るものではなくなっています。運営されているウェブサイトに英語表記にさせるボタンを設置している企業も多くみられます。 では、外国人が画像に書かれた日本語の意味を調べるとき、どのような画像であれば調べやすいでしょうか?ひらがな、カタカナで48字、漢字であれば10万字を超えると言われています。読み方のわからない文字を調べるのは大変なことです。ウェブアクセシビリティには「画像化された文字を使わない」「画像にはaltで説明を加える」という規格がある為、画像の中の文字をaltで説明することで、調べやすくなっています。ウェブアクセシビリティは高齢者や障害者だけではなく使用言語が異なる人にとっても使いやすくする方法なのです。

国際規格に沿うことによる安心、信用

JIS X 8341-3はウェブアクセシビリティの国際規格「ISO/IEC 40500」と同等です。この規格に沿って作られていることの証明は、ユーザーに安心や信用を与えることにつながります。見にくかったり、必要な情報がどこにあるかわかりづらくアクセスしにくいサイトは、利用者にとって不信の原因にもなります。規格に従うことで見やすく必要な情報にアクセスしやすいページとなること、世界標準のサイトであることの2点は大きな安心や信用を与えられます。

ウェブアクセシビリティ試験のフローチャート

Webアクセシビリティ試験のフローチャート
左:一般的な方法   右:弊社の方法 説明
全ページプログラム検査ステップ。左:一般的な方法、最初に検査対象ファイル取得、次にmiCheckerで検査、次に検査結果を解析、最後に検査報告書を作成。右:AMCC、最初にAMCCにジョブ登録、次に検査の解析結果を閲覧、次に検査結果を出力、最後に検査結果を閲覧。

AMCCはmiCheckerの検証エンジンを使用しています。検証機能は同等でありながら全ページの診断をすることができます。 
全ページプログラム診断(AMCC)

検査の流れ図 図の説明。タイトルは目視検査ステップ。左の図:最初に検査対象ページ選定、次に選定ページにアクセス・目視検査、次に検査結果を記録、次に不適合箇所を修正、次に再検査、最後に検査結果を作成。右の図:Libra、最初にLibra選定URL登録、次にLibraの検査箇所を目視検査、次に検査結果と修正を登録、次に不適合箇所を修正、次に不適合箇所を再検査、最後に検査証DBに記録保存。

Libraによる目視検査(試験)では、達成基準チェックリストに加え検査のエビデンスとなる実装チェックリストまでページ毎に作成し検査証明書を発行します。また、結果一式はお客様の手間をかけることなく公開することも可能です。 
目視検査(試験)(適合性評価)

適合性評価ステップ。右のみ。Libra、最初に判定員会、次にLibra・検査証DBを確認、次に適合性評価・記録、最後に適合証明書発行。

目視検査(試験)で指摘された問題が全て修正され、再検査により修正が確認されれば、適合したとして適合証明書が発行されます。

資料ダウンロード

「ウェブアクセシビリティ試験サービス」の資料がダウンロードできます。

ウェブアクセシビリティ検査(試験)サービス新しいウィンドウで開きます

ウェブアクセシビリティ検査のお申込み

ウェブアクセシビリティ検査(試験)のお申込み・お見積もりフォーム新しいウィンドウで開きます