クラウド検査サービス

Webサイト全体を自動で調査
分かりやすい検査結果で品質を管理

総務省「miChecker」による検査を全ページに対して行う
当社開発のクラウド検査サービス「AMCC(Accessibility Management Checker Cloud)」を提供します。

メリット

「miChecker」で検査可能な項目に加えて、リンク切れのチェックおよびページタイトルなどの重複を検出でき、Webページの品質管理に役立ちます。

サービスの説明

当社のプログラム検査サービスで利用するプログラムを利用して、お客様自身で検査を行うことができます。

クラウド検査サービス「AMCC」のログインに必要なユーザーID とパスワードを発行いたします。

全ページの検査結果をCSV形式でダウンロードできます。

クラウド検査サービス「AMCC」機能・特徴

自動実行機能

AMCCにログインして必要事項を登録すれば、あとは全自動で全ページの検査・評価・解析を行います。

検査結果共有機能

Webブラウザで検査結果を閲覧できます。関係者の間でいつでもどこでも検査結果を共有できます。

グラフによる表示機能

Webアクセシビリティの対応状況は分かりやすいグラフで表示します。

比較評価機能

関係部署や関連会社などのそれぞれのWebサイトの検査結果を比較することによって、Webアクセシビリテイ対応状況を評価できます。

繰り返し実行機能

毎週もしくは毎月の繰り返し設定で定期的に自動実行します。

出力機能

修正に必要な詳細データをCSVファイル形式で出力し、ダウンロードできます。

クラウド検査サービス「AMCC」検査結果の表示例

検査の結果を次の6つの観点からご確認いただけます。

1.評価

「miChecker」が出力するページごとの評価結果「非常に良い」「良い」「悪い」「非常に悪い」を、Webサイト全体での割合で示します。

2.4原則

日本産業規格(JIS X 8341-3:2016) で求める達成基準を「知覚可能」「理解可能」「操作可能「堅ろう性」の4つのカテゴリーに分けて表示します。

3.スコア一覧

「miChecker」のスコアを低い順から並べたものです。この結果から、特にスコアの低いページ群が、特定の制作業者や部署、あるいはテンプレートに偏っていないかを確認することができます。

5.出力タイプ別

「問題あり」「問題の可能性大」として判定されたページの割合を確認できます。

5.達成基準別

どの達成基準に「問題あり」「問題の可能性大」が集中しているか確認できます。

6.比較評価

複数の検査結果を比較評価できます。

事例

AMCCは、Webアクセシビリティの管理をより簡単に行えるツールです。実際にご利用いただいたお客様からは、以下の声をいただきましたので、ご紹介いたします。

「AMCCを利用して弊社Webサイトのアクセシビリティ対応状況の調査、リンク切れ等のチェックをしております。調査の対象とするWebサイトの設定が簡易で分かりやすく、検査結果もグラフできれいに表示されます。またExcel ファイルで詳細データをエクスポートできるので結果をまとめることもでき、使いやすいツールです。」 AMCCの利便性を実際にご体験いただくためにも、まずはお試し環境をお申込みください。またご質問などございましたら、下記のお問い合わせフォームにてご連絡をお待ちしております。

FAQ

Q&Aの一覧

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら