規格適合性検査サービス

第三者評価機関として検査を実施
世界に通用する検査証明書/適合証明書を発行

対象WebページがWebアクセシビリティの規格に適合しているか
Webアクセシビリティ専門の検査員が検査を行うサービスです。
適合ページには適合証明書を発行することができます。

メリット

サービスの説明

日本産業規格(JIS X 831-3:2016)あるいは 国際標準規格(WCAG 2.0/2.1)において、Webページに対する適合表明を行うには、この規格適合性検査サービスをご利用ください。適合表明をする際に作成が推奨されている達成基準チェックリスト、および、より詳細な検査結果を提供する達成方法チェックリストまで作成しご提供しています。

検査において問題が検出された場合には、お客様がスムーズに修正できるように、修正案を提供しております。 お客様での修正作業後、再検査を行い、最後に検査証明書を発行いたします。当社の検査証明書には第三者評価機関としてのJABマークが付与されます。Webアクセシビリティの適合表明は誰でもできるものですが、JABマークの付与された検査証明書は日本で唯一当社のみが発行できます(2021年7月現在)。評価の信頼性の証としてご活用ください。

ご依頼から検査証公開までの流れ

40ページを検査する場合、下記の流れの通り約2カ月で検査を進めます。
検査対象ページの内容量や複雑さにより、検査日数は前後します。

準備
1~2日
お客様のご希望に合わせて対象ドメイン、検査対象とするページ数などを決定します。
ページ選定方法についても決めます。
ページ選定
5日
検査をするページを選定していただきます。
初回検査
1カ月
適合レベルAAを基準に検査員による検査を行い、検査報告書を納品します
検査報告書には修正案を含みます。 ご希望のある場合、報告会を実施します。
修正作業
通常1カ月程度
検査報告書に基づきページの修正をお願いいたします。
当社ではこの間、QA支援を提供いたします。
再検査
3週間 (2回実施)
是正措置完了後、再検査を行います。原則2回を上限とします。
検査証発行
1~2日
検査証明書・達成基準チェックリスト・達成方法チェックリスト
HTMLファイル・Excelファイルなどお客様ご要望の電子ファイルで発行します
検査証公開
1~2日
公開は、当社検査証DBにリンクを貼っていただくか、HTMLファイル一式を提供しますので、
これをお客様のサイトに掲載します。

成果物

FAQ

Q&Aの一覧

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら