ソーシャルパートナー

検査協業パートナー

私たちと一緒にウェブアクセシビリティ検査を行いませんか?

アクセシビリティ検査(アクセシビリティ試験)

アクセシビリティ規格(*)に従ってサイトが構築されているかどうかを確認する作業を検査あるいは試験といいます。JIS規格では目視で評価する場合は検査という言葉を用いますが、JIS X 8341-3:2016では規格中に「試験」という言葉が使われており、また、みんなの公共サイト運用ガイドラインでも「試験」という言葉を用いているため、日本では広く一般にアクセシビリティ試験と称されることが多いようです。本ページでは、検査という言葉を用いて説明させていただきます。

*アクセシビリティ規格とは

2016年に改定された「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」JIS X 8341-3:2016 (ISO/IEC 40500:2012)が適用するアクセシビリティ規格です。この内容は、W3C Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0 と同一です。

検査の進め方

検査項目は200種類程度あります。1項目につき複数箇所を検査しますので、1ページあたりの検査箇所数は1,000を越えることは珍しくありません。10,000箇所を越える場合もあります。また、大抵のお客様は40ページ程度を検査しますので、1人で全てを検査しきることは難しく、通常は3~5名程度のチームを組んで、検査を行います。
この検査を行う人のことを検査員(*)と呼びます。
そのための当社では協同で検査を進めるためのプラットフォームとして、クラウドサービス Libra(*)検査システムを開発し皆さまにご利用いただいています。

*Libraとは

Libraには要検査箇所と内容を示す機能があり、検査員は、指摘された箇所をコントラストを計る検査ツールを使ったり、ソースコードを確認したり、動作を確認したりしながら、その結果をLibraに記録していきます。記録する際には、問題箇所、問題内容、修正案も記録していきます。Libraを通して記録された内容は、即座に全員で共有されます。また、検査証などは自動生成されます。

* 検査員とは

検査は認定された検査員によって行われます。検査員は認定検査機関として当社が提供する試験を受け合格し、訓練を受けた後、当社の登録検査員となります。検査員の管理に関しては、身体に障害を持つ方も多く、また全国に広がるため、その地域のNPO団体や特例子会社に所属していただくようにしています。検査案件の発注・お支払いは、検査員に直接ではなく、所属する団体(検査団体)に対して行っています。

検査団体

現在、当社と共に検査をすすめる検査団体は、次のように全国に8団体が登録され、検査にご協力いただいています。北は札幌から南は沖縄まで、段々と全国に広がりつつあります。まだ、まったく検査団体の無い府県も多くあります。私たちは、共に検査をする仲間を全国に拡げていきたいと考えています。

非営利団体

企業

認定された検査機関

ウェブアクセシビリティの検査(試験)は誰でも行えます。しかし当社では、公平性と高い検査能力を維持するために、ISO/IEC 17020:「適合性評価-検査を実施する各種機関の運営に関する要求事項」の認定を受けた検査機関(認定番号:RIB00110、タイプC)の認定を取得しています。検査後には、認定検査機関としてJAB(日本適合性認定協会)やilac-MRA(国際試験所認定協力機構)のマーク付の検査証を発行可能です。

自主案件

検査団体は通常は当社から検査依頼を受けて検査を進めます(当社案件)。もう一つ、当社を介さず、検査団体自身で検査案件を受注し検査をする場合もあります(自主案件)。この場合、認定検査機関としての検査にはならずJABやilac-MRAマーク付きの検査証は発行できませんが、Libraを活用し、いつもと同じように検査し、認定検査機関さながらの貴団体ロゴ入りの検査証をお客様には納品可能です。お客様からは大変好評をいただいており、検査団体の利益も当然のことながらこの方が高く、今後はこの自主案件が増えていくものと考えています。

検査員になるためには

検査員を育てるためのオンライン学習システムを用意しています。これを利用してアクセシビリティに関する学習を進め、検定試験を受け合格していただく必要があります。また、実習も行い最低限度の経験を積んでいただき、晴れて検査員への登録となります。
なお、HTMLに関する基礎知識は前提として必要となります。必ずしもHP作成に長けた人材が必要なわけではありませんが、HTML/CSSを駆使して、簡単なホームページを作成することの出来る程度の知識は必要です。また、最低一人はJavaScriptやPHPに関するような専門知識を持つ検査員も必要になります。

検査団体になるためには

弊社登録の検査員をメンバーとしてご登録ください。検査に必要な環境整備、お支払いなどを検査団体の方にはお願いしています。最低でも3名、1人はHTMLだけでなくJavaScriptやPHPに関する知識も必要です。

私たちと一緒に検査を

協業検査事業では、最初に皆様の団体に検査業務に携わることが可能な知識と経験を持つ検査員を育てます。そして、その検査員には当社の品質管理システムの中で、検査業務に参加していただき、検査業務を進めます。当社はその対価を業務委託費として、各検査員が所属する団体にお支払いします。