ちか真鍋 のすべての投稿

日本ユニシス(株)全額出資子会社「NUL アクセシビリティ(株)」との連携について

日本ユニシス株式会社は、ウェブアクセシビリティ事業を柱とする100%出資子会社 NULアクセシビリティ(株)を設立しました。
NULアクセシビリティ(株)は、弊社のウェブアクセシビリティ検査員の資格を取得した検査員を採用してウェブアクセシビリティ検査事業を行います。

クラウド検査環境のAMCCLibraもご利用になる予定であり、万全の体制で立ち上げをご支援することをお約束しています。
弊社としても、この新しい取り組みを通じ、障がいを持つ方の雇用と自立に貢献していきたいと考えております。

日本ユニシス株式会社 プレスリリース 2018年3月15日
障がい者雇用を促進する新会社「NULアクセシビリティ株式会社」を設立 〜 ICTの利活用による就業機会を通じ、障がい者の活躍の場を拡大し社会貢献を支援 〜
https://www.unisys.co.jp/news/nr_180315_nal.html新しいウィンドウで開きます

プライバシーマークを更新しました

株式会社インフォ・クリエイツ(本社:東京都千代田区紀尾井町3-1 KKDビル9階、代表取締役 加藤 均)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)から2016年12月28日付で「プライバシーマーク」付与的確決定を受けましたことをご報告申し上げます。 株式会社インフォ・クリエイツでは、プライバシーマーク取得後も個人情報を適切に保護し、全社員が一丸となって適切な個人情報保護体制の整備に取り組んでまいりました。その取り扱い体制が認められ、JIPDECから認定されました。 今後とも個人情報の適切な保護と取り扱いについて、「個人情報保護方針」を遵守し、個人情報保護マネジメントシステムに基づいて個人情報の保護に努めてまいります。 【認定番号】第10823057(05)号 【有効期間】平成28年10月24日~平成30年10月23日 プライバシーマーク 10823057(5) 外部サイト、プライバシーマーク制度へ移動

クラウドmiCheckerへのご意見・ご要望を募集しています

クラウドmiCheckerを公開後の約4か月間、400超のURL登録と、約20名の方にご利用登録をいただきました。
ご利用登録いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。
今後もご利用者様の利便性およびサービス向上を主眼に、より使いやすい検査ツールへ進化を続けてまいりますので、是非、使用感やご意見・ご要望をお聞かせください。

クラウドmiCheckerご意見箱フォーム
https://accessibility.jp/cloudmick/opinion/

本社移転のお知らせ

平素は格別のお引立てに預かりありがたく厚く御礼申し上げます。
この度弊社は本社を下記へ移転し11月2日より業務を開始いたします。
社員一同気持を新たにし、サービス品質の向上を目指し、お客様に満足いただけるよう活動してまいります。
今後とも何卒一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-1 KKDビル9階
【代表電話】 03-6265-6620
【FAX番号】 03-6265-6630

以上

クラウド環境でウェブアクセシビリティ検査報告書を作成する【クラウドmiChecker】を公開

当社は、総務省が開発したアクセシビリティチェックツール【miChecker】を利用して、クラウド環境でアクセシビリティ検査報告書一式を作成できる【クラウドmiChecker】サイトを公開しました。 【クラウドmiChecker】は、検査対象URLを入力するだけで利用することができます。作成できる検査報告書一式は、日本工業規格JIS X 8341-3:2010に基づいた検査報告書、実装チェックリストそして達成基準チェックリストの3種類です。 【クラウドmiChecker】には、URLを入力するだけのゲスト利用版、無料登録して5URLの検査と1カ月間利用できる無料登録版があります。また、100URLの検査が1年間利用できる有料版もございます。有料版についての詳細はお問い合わせください。 [特徴] ・JIS X 8341-3:2010 に対応した検査報告書の作成機能 ・JIS X 8341-3:2010 に対応した実装チェックリストの作成機能 ・JIS X 8341-3:2010 に対応した達成基準チェックリストの作成機能 ・検査ページのクラウド上での保管管理ができる機能 ・miChecker検査出力に対する使いやすく理解しやすいヘルプメッセージの提供 当社は、日本適合性認定協会からJIS X 8341-3、ISO/IEC 40500を対象とする、JIS Q 17020(ISO/IEC 17020)検査機関として認定を受け、JIS適合性評価(ウェブアクセシビリティ認証)活動をしています。 これらのJIS適合性評価活動の過程においてホームページ管理者の皆様がウェブアクセシビリティの規格適合状況の判断や報告書の作成において苦慮されている現実に触れ、ウェブアクセシビリティ評価を正しく行い、容易に報告書の作成が行える環境が必要であると考え、【クラウドmiChecker】を開発しました。 正しい検査方法の理解と普及が進むことを願っております。 クラウドmiChekcer https://accessibility.jp/cloudmick/新しいウィンドウで開きます お問合せ先 https://www.infocreate.co.jp/faq/inquiry新しいウィンドウで開きます

サイト閉鎖のお知らせ

下記のサイトは平成27年6月22日を持ちまして閉鎖しました。
長らくご利用いただきましてありがとうございました。

  • ホームタウン・ホームページ
  • IAサーバー・ソリューション・カタログ
  • バリアフリーの現状

この件についてのお問い合わせは、フォームよりお知らせください。
お問い合わせフォーム新しいウィンドウで開きます

文部科学省様のウェブアクセシビリティ検査を実施しました

この度、当社は文部科学省様のホームページのウェブアクセシビリティ検査を実施いたしました。 検査結果は文部科学省様のホームページの「文部科学省ホームページ ウェブアクセシビリティ方針」ウェブアクセシビリティ取組み状況として公開されております。

文部科学省ホームページ ウェブアクセシビリティ方針新しいウィンドウで開きます

検査結果

検査証(※株式会社インフォクリエイツのウェブサイトへリンク)新しいウィンドウで開きます

 

近畿経済産業局様ホームページがウェブアクセシビリティJIS規格に適合しました

この度、当社はウェブアクセシビリティ規格であるJIS X 8341-3:2010(高齢者・障害者等配慮設計指針―情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス―第3部:ウェブコンテンツ )の第三者認証機関として近畿経済産業局様のホームページ(達成等級AA)の適合証明を実施いたしました。 ウェブアクセシビリティJIS規格への適合は総務省の「みんなの公共サイト運用モデル」にて2014年度までに達成等級AAを取得することを求められており経済産業省様に続く「適合証明」の取得となります。

近畿経済産業局ウェブアクセシビリティ方針新しいウィンドウで開きます

ウェブアクセシビリティ検査技術者検定合格者が活躍

(株)インフォ・クリエイツではウェブアクセシビリティの普及促進のためのスキルを開発するために以前よりウェブアクセシビリティのe-ラーニング・サイト インフォ・クリエイツ カレッジ(ICC)を開校しております。 この講座の中には当社が日本適合性認定協会より認定されたウェブアクセシビリティ規格の検査機関として検査を実施できる検査員の資格となるウェブアクセシビリティ検定技術者検定試験があります。 2014年11月15日現在で、のべ33名の方が、このウェブアクセシビリティ検定試験に合格し認定検査機関の検査員として活躍されています。

ウェブアクセシビリティ検査の検査員は、この資格を有していればインターネット環境とパソコンがあればご自宅からもできる作業です。 是非資格を取得して検査員として活躍されることお待ちしています。

ICC ウェブアクセシビリティ検査技術者検定試験については、こちらをご覧ください。
https://icc.infocreate.co.jp/icc/itiran/kentei.html新しいウィンドウが開きます

認定検査員になりたい方は、こちらをご覧ください。
https://accessibility.jp/libra/memberreq/新しいウィンドウが開きます

ウェブアクセシビリティ検査/検証ツールがHTML5に対応しました

ウェブサイトのアクセシビリティ規格JIS X 8341-3:2010に対応した、当社開発の目視検査ツール「JIS:2010判定ツール Libra」がHTML5に対応いたしました。(2016年にJIS X 8341-3:2016対応済み)

既存のツール(miChecker)ではHTML5には対応していなかったため、不要なエラーが出力され、プログラム検査個所の手作業による修正が必要でした。
また、検知されるべき要素が見逃されるため、目視検査の補助ツールとしての役割が不十分であり、検査の手間が非常に多くかかっていました。

このたびのLibraのアップデートにより、HTML5のウェブサイトでも既存のウェブサイトと変わらず検査ができるようになりました。
HTML5で追加・変更・削除された要素・属性等を検知し、検査員に検査を促します。

追加された要素の検出例

追加された要素の検出例

HTML5以外で不適合と判定

変更された要素の検出例

変更された要素の検出例

HTML4では非推奨要素として自動的に不適合

変更された要素の検出例

HTML5では不適合にならず、検査対象個所として検知

削除された要素の検出例

削除された要素の検出例

自動的に不適合と判定

インフォ・クリエイツでは、JIS X 8341-3:2016に対応したウェブアクセシビリティの検査と適合証明書の発行を行っております。