診断サービス

プログラム検査と目視検査で
Webアクセシビリティを高める仕組みを作ります

Webアクセシビリティの専門家に検査を依頼することで、自社で検査するよりも、確実に、効率的に、そして高いコストパフォーマンスで検査を行うことができます。さらに、Webアクセシビリティの認定検査機関であるインフォ・クリエイツなら、検査のトレーサビリティを確保し、責任を持って検査結果を保証します。

当社のWebアクセシビリティ診断サービスは、お客様の目的とご要望に応じて以下のサービスからお選びいただけます。

プログラム検査サービス

総務省が提供している「miChecker」*1のエンジンを活用したプログラム検査を全ページに対して行い、検査結果の報告書をご提供するサービスです。これにより全体のWebアクセシビリティの対応度合いを網羅的に知ることが可能です。 また、リンク切れ一覧などのWebサイトの品質向上に役立つデータもご提供します。
*1: https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/michecker.html

検査期間目安 1週間程度

重要項目検査サービス

日本産業規格(JIS X 8341-3:2016)が定める検査項目のうち、特に重要な項目の検査を行うサービスです。
Webアクセシビリティの専門家による検査を1週間程度で行えるため、全項目を検査する時間がないお客様や、必要な項目に絞って問題を特定したいお客様に適したサービスです。

検査期間目安 1週間程度

規格適合性検査サービス

日本産業規格(JIS X 8341-3:2016)が定める全検査項目を対象に、Webアクセシビリティ専門の検査員が目視による検査を行うサービスです。対象WebページがWebアクセシビリティの規格に適合しているかどうか、適合していない場合にはどのように修正すべきなのかをご報告します。

検査期間目安 1カ月程度(40ページの検査の場合)

修正支援サービス

前述の三つの検査サービスのオプションとして、Webアクセシビリティに適合していない箇所の修正方法を修正解説書としてご提供するサービスです。Webアクセシビリティ対応は初めてのお客様、あるいはWebアクセシビリティ対応の経験が少なく前述の検査サービスを受けても修正できるか不安なお客様は、このサービスもご利用ください。

対応期間目安 2週間程度(検査サービス対応期間を除く)

資料ダウンロード

「Webアクセシビリティ診断サービス」の資料がダウンロードできます。

Webアクセシビリティ診断サービス

お問い合わせ

お問い合わせはこちら